2004/09/14 通学する

晴れ時々曇り。
午前中は、本日GRIPS TheaterのVolker Ludwig氏に伝えなければならないことを独作文する。前もって書いておかないと、パッと喋れないから大変である。
12時半から15時半まで、ドイツ語学校に行く。初登校。黒人・白人・黄色人種。ウクライナ・スペイン・イタリア・ブラジル・中国系・アラブ系・アフリカ系。10代らしきイスラム女性から60過ぎでアフリカ系っぽい黒人のお爺ちゃんまで。日本人はボクのみ。まぁ~バラエティに富んでいる。そして、それぞれが各々エエ加減なドイツ語をお国のナマリでもって話すから、何言うとるかさっぱり分からん。そして、授業開始。『何なんだ? ボクは全く付いて行けてない! 何をしているのかさえ分からないまま、授業が進む。クソッ! テメエらバカにすんなよ。おい、そこのラテン人達、ご陽気に喋ってんじゃねぇ、集中できひんやろ! ブラジル人、踊るな!(ホンマに踊りよるからね、驚くわ) 中国人、ペラペラペラペラ喋りやがって、私語を慎め!』。あー、疲れ果てた。
授業後は、GRIPS Theaterへ。Volker Ludwig氏に会えると思ったら、会えなかった。昨日ボクが理解した秘書さんのコトバは間違っていたようだ。これで本日、二発目のパンチである。おー、ネガティブな考え方になってくるやんけ。ASIA SHOPにて中華焼きそばを食べる。旨かった。ちょっと復活。
帰宅後は宿題をするのと、復習。ドイツ語、ドイツ語、ドイツ語である。
(と、言うてもなかなか進まないんやけどね)

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください