2004/09/02 電車に乗る。

晴れ
昨日の晩はふと気付くと腹が減っていた。だけど何も食べるものがない。疲れていたのでそのまま就寝。朝9時に近所でベトナム人らしき人が経営しているMINI MARKETに買い物へ行く。クロワッサンとごまのパン、オレンジジュース、水(炭酸入)を購入。食事にありつく。
しかし、JTBがくれた地図は自分の家が載ってないヤツなので、自分がどこにいるのかさえ分からない。迷子になったら最後、道もまだよぉ尋ねんし、行動半径は30メートルといった感じ。情けねぇー。
13時、大阪外大の市川明教授(以下、先生)がボクの部屋まで尋ねてくれた。一緒にインドカレーを食べに行き、その後、これからお世話になるグリプス劇場(GRIPS THATER)へ。切符を買う。こちらは自動改札がない。自己申告で、切符を買い、たまにセキュリティと呼ばれる検札人が来るらしい。無賃乗車がばれると罰金60ユーロ。ドイツ人の真面目な気性で成り立つ交通システムらしい。性善説やね、と市川先生。
地下鉄(Uバーン)に乗る。地上の電車(Sバーン)に乗り換え。旧西ベルリンへ。ボクの家は旧東ベルリンにあった。そんなことも知らんかったんかい。でもしゃあないよな、JTBのくれたベルリンの地図は西側一辺倒なんやから。「統一して15年しても日本人の8割がまだ西側の方に集中している」と、市川先生が教えてくれた。
支配人フォルカー・ルードヴィヒ氏と会う。ボクの荷物も届いていた。感動! そしてルードヴィヒ氏に清流劇場の公演記録を披露。興味があるのか無いのかよぉ分からん態度。上等やんけ、そのうちワシの方へ振り向かせてやる!
その後、AKADENIE DER KÜNSTEというよく分からないが立派な建物の中で、舞台美術家Annemarie Rostの展覧会を見る。も一つ面白味に欠ける作品群。
アレキサンダー広場にあるダイエーみたいなスーパーで、歯磨きセット・シャンプー・文具類・地図・演劇の載ってる情報誌を購入の後、一旦帰宅。
荷物を置いて、CITIBANKへ。Starße Bahn(路面電車)にも乗った。この路面電車沿いにある劇場を全て案内して頂き、再びアレックス広場に戻る。
その後はヘルガルト・ヒルデブラントさん(通称:ヘリさん)とルッツさん(離婚? とにかく二人は別居中)のご自宅で市川先生と四人で歓迎会。ここに来て初めての典型的なドイツ料理にありつく。なかなかの味。だけど濃い。メニューは粉フキのジャガイモ・紫キャベツ・チキンの煮込んだもの。サラダ。さすがにビールは旨い。赤ワインも旨い。
ナイフは右、フォークは左、ワイングラスは指だけで持つ。ジャガイモはチキンを煮込んだスープに浸してつぶしながら食え。もう色んなことばっかしヘリさんに言われた(ヘリさんは日本語ペラペラ)。オカンみたいな人。
たらふく食って、ごちそうさま。夜も10時半を過ぎたので、ヘリさん宅を失礼する。ごちそうさま、ありがとう!
その後、市川先生と二人でビールを飲みに行く。濁り酒の黒ビール。これは旨ぇー。12時過ぎ、一人で路面電車に乗って帰る(初体験)。
やるやんけ俺! 行動半径がちょっと広がった。
でも全部、市川センセのお陰。皆様のお助けでこの田中孝弥、生きております!
帰宅後は即就寝。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください