『雨の脚』

1997年4月公演
03_amenoashi

タイトル 『雨の脚』
日時
1997年4月26日(土) 19:30
4月27日(日) 13:00 / 17:00
場所 扇町ミュージアムスクエア
出演 山下りき / 赤城一浩 / 坂口修一 / 渡辺雅英 / 松川純子 / 大西広文 / 金本健吾 他
手酌
演出 田中孝彌
舞台監督 永易健介
照明 上山真輝
音響 金子進一
美術 池田ともゆき
あらすじ ───ここ何日か降り続いている雨 ミシミシ…、ミシミシ…
どこからか響いている───
洗濯物が干された部屋。そこは敦が、巴という女性に誘われ、足を踏み入れた“駅の向こう”なる世界。駅の向こうの“もう一つの家”、敦を待っていた世界にも、同様に生活する彼の家族がいた。敦は、“この家”で“もう一つの生活”を始める。雨のために仕事にいけず、苛立つ敦の父。父の自転車を盗まれた事件をキッカケに、“もう一つの家”の解体がはじまった…。ミシミシ…、と体の中を響く音。敦の体が歪み、ついには裂けた時、“世界”の揺籃が、止まった。彼がとる行動は…。前作までの家族劇を中心とした作風から一転、自己内面の追求へと大きく方向転換した記念碑的作品。
03_amenoashi_p01

筧: ビー玉・・・・・春海。
春海: ん?
筧: よぉ遊んだな。これで。
春海: うん。
筧: 春海は一杯いろんなヤツ持ってたな。
春海: そうやね。
LINEで送る
Pocket