『四季絵』

1996年2月旗揚げ準備公演
01_shikie

タイトル 『四季絵』
日時
1996年2月24日(土) 15:00 / 19:30
2月25日(日) 15:00
場所 ウイングフィールド
出演 山下りき / 土田邦彦 / 片平元気 / 金子映美 / 坂本正巳 他
手酌
演出 塩原礼貴
舞台監督 渡川知彦
照明 上山真輝
音響 響音次郎
美術 田中孝弥
あらすじ 土田家の住まいは土壁の木造1戸建ての家屋である。舞台は茶の間。畳敷きの部屋である。時は1995年の夏頃から1996年の春先まで。1995年8月中旬。4人そろって両親の墓参りから帰宅するところから幕が開く。長男:長治(28歳)は設備関係の仕事をしている。長女:エリカ(26歳)は建設関係の子会社で事務をしている。実質この2人が父親、母親代わりとなりこの家を支えている。次男:マコト(23歳)は大学生。もう少ししっかりしてほしいところであるが…、よく上の2人に小言を言われている。次女:スミレ(20歳)は喫茶店でアルバイトをしている。彼氏が近々東京へ転勤する事になり…。
4人兄弟を中心に、家族の関係性・絆を、四季の年中行事を通してとらえた家庭劇。
大阪弁はもちろんのこと、舞台上での植物との共生にも少しこだわった作品。
01_shikie_p01

マコト: 四万十川って四国か。
スミレ: そうそう。最後の清流、四万十川。
  皆カタログに集まる。
長治: エエトコやんか。釣りしよ。釣り。な、スミレ。
スミレ: 釣りもできるけど、上流のココから、ずーっとカヌーで、ずーっと、下るねん。
LINEで送る
Pocket