『WOYZECK version FUKUSHIMA』

2013年10月公演
OVAL THEATER提携公演 / ビューヒナー国際演劇祭招聘作品 /
ntj_kikin_logo 芸術文化振興基金助成事業
bunkacho-geijutusai_logo 平成25年度(第68回)文化庁芸術祭参加公演

s13_woyzeck s13_woyzeck_b

タイトル 『WOYZECK version FUKUSHIMA』
日時
2013年10月17日(木) 19:30
10月18日(金) 19:30
10月19日(土) 15:00 / 19:00
10月20日(日) 13:00 / 17:00

★ ドイツ語字幕付き (mit deutschen Untertiteln)

場所 オーバルシアター
〒545-0052 大阪市阿倍野区阿倍野筋2-4-45 1F
TEL: 06-6624-9117
※ 2013年9月、アート複合施設として名称変更。
ロクソドンタブラックからOVAL THEATER & GALLERYへ!
料金 前売:2,500円
当日:2,800円
学生:1,500円(要・学生証提示)
出演 アンディ岸本 / イシダトウショウ / や乃えいじ(PM/飛ぶ教室) /
上瀧昇一郎(空晴) / 八田麻住(劇団五期会)
音楽・演奏:仙波宏文
原作 ゲオルク・ビューヒーナー Georg Buchner
上演台本・演出 田中孝弥 Atsuya Tanaka
舞台監督 製作集団ONE WEEK
舞台美術 仲里良
照明 岩村原太
音響 とんかつ
衣装&小道具 浜口朋子
写真 石川隆三
ドラマトゥルク&
ドイツ語翻訳・字幕
小野紗也香
ビデオ撮影 黒瀬映像演出事務所
web 飯村登史佳
宣伝美術 株式会社cursor(カーソル:岡田ゆうや)
協力 ドイツ文化センター(東京・大阪) / 株式会社リコモーション /
有限会社ライターズカンパニー / 株式会社WAC / ボズアトール / Simon Baumgartner /
山室功 / 嶋田邦雄 / 山下智子 / 森岡慶介 / 里山智子 / 居原田晃司
制作 浜口朋子 / 間屋口克
企画制作 清流劇場
ヴォイツェク様
あの日、ボクは君を思い出したんだ。
2011年3月11日14時46分、日本は大きな地震に見舞われた。
大津波に多くの人たちが、建物が、車が流されていく。
待ちそのものが真っ黒な波に飲み込まれた。そして、フクシマの原発事故。人間がエネルギーを原発に求める最大の問題点は、それが「差別に立脚した産業である」ことだ。原発は、その被曝の危険性から社会に於ける「弱者」が従事し、「弱小地域」に設置される。
その弱者へ思いを馳せた時、君のことを思い出したんだ。
君は何故、内縁の妻・マリーを殺害するに至ったのか。
君を犯罪者と見なすことは容易い。
しかし、君を社会から疎外したのは、確実にボクたちだったんだ。
(ドイツ演劇雑誌「Theater der Zeit ビューヒナー国際演劇祭特集号」掲載文より)
icon_galleries
チラシ PDF DOWNLOAD
★現地ドイツの新聞評(日本語訳)
LINEで送る
Pocket