『WOYZECK ver. FUKUSHIMA』

2011年7月公演 SHOWCASE2011 SEIRYU THEATER SHOWCASE 2011

s11_woyzeck

タイトル 『WOYZECK ver. FUKUSHIMA』
日時
2011年7月15日(金) 19:30
7月16日(土) 15:00 / 19:00
7月17日(日) 13:00 / 17:00
場所 スタジオSTR
最寄り駅:JR天満駅
料金 前売・当日券2,000円(完全予約制)

  • 全席自由です。
  • 開場は開演の30分前です。
  • 小学生以下のお客様はご入場になれません。
  • 作品上演中のご入場は制限させていただく場合がございます。
  • 会場内での飲食喫煙・写真撮影は禁止です。
出演 イシダトウショウ / アンディ岸本((劇)COLORS) / 全リンダ(zen_shozoku) /
出口勇作 / 山本拓平(極東第四次産業)
原作 ゲオルク・ビューヒーナー Georg Buchner
上演台本・演出 田中孝弥 Atsuya Tanaka
演出助手 仲里良 Ryo Nakazato
音楽 仙波宏文
写真 石川隆三
web 飯村登史佳
協力 大阪ドイツ文化センター / ライターズカンパニー田畑冨久子事務所 / 山室功
制作 浜口朋子
企画制作 清流劇場
【田中の一筆】

「ヴォイツェクと、神の火に立ち向かう。」

清流劇場SHOWCASEなるものを企画することにした。
いつもの本公演とは異なり、より実験的試みをしたり、勉強会的色彩の強いものにしたいと思っている。
久々にビューヒナーの『ヴォイツェク』を読み返してみて、福島原発事故の処理に当たられている方々に思いを馳せた。
どこまで、ヴォイツェクと事故処理従事者が重なり合うのか、自分自身まだ未知数だが、「未然に防ぐこと」が演劇の役割だとするなら、再び「大火事」にならぬよう、今の自分の仕事としっかり向き合うつもりだ。
icon_galleries

LINEで送る
Pocket