『モザイク』

2009年2月公演
芸術文化振興基金助成事業 / 芸術創造館マンスリーシアター(主催/大阪市)
24_mosaic 24_mosaic_b

タイトル 『モザイク』
日時
2009年2月18日(水) 19:30
2月19日(木) 19:30
2月20日(金) 19:30
2月21日(土) 15:00 / 19:30
2月22日(日) 15:00
場所 大阪市立芸術創造館
出演 船戸香里 / 魔瑠(遊気舎) / や乃えいじ(PM/飛ぶ教室) / 西田政彦(遊気舎) /
イシダトウショウ / 全リンダ(zen_shozoku) / 仲里玲央 / 山崎義史 /
Sascha Berner / 松下城支 / 瀬口昌生
作・演出 田中孝弥
演出助手 Sascha Berner
舞台美術 内山勉
音楽 渡邊崇
音響 とんかつ
照明 岩村原太
宣伝美術 天音比佐 / 松本ユウコ
舞台写真 石川隆三
制作協力 飯村登史佳 / 尾崎雅久
企画・制作 清流劇場
田中のささやき 日頃からボクと仲良くしてくださっている人生の先輩にYさんという方がいる。この方、ズングリムックリで容姿は『笑ゥせぇるすまん』みたいなのだが、とても優しい方である。無理難題を人から押しつけられても、大抵のことはイヤと言わずに黙々とやってのけられる。最初は単に「断るのが下手なのかな」と思ったが、そうではない。生き方に深い信念があるのだ。
そのYさんに先日言われたのだが、「歪んだ制度の中に身を置いて生きているのだから、歪んで生きていく自分に腹をくくれ」という言葉である。言葉だけを聞けば、「どうせ汚い世の中なんだ。テメエもワルになれ」と、とれなくもない。
しかし、そうではないのだ。ボクはどこかで「自分だけは清廉潔白な場所に身を置こう」とうぬぼれていて、そこを指摘されたのである。つまり、容赦ない社会の中で否応なく歪んでいくはずなのに、「どうしてそう自分の手を汚すことに恐れるんだ」ということなのだ。「ホントにそうだな」と思うのである。「痛いけれど、ホントにそうだ」と思うのである。
ひょっとするとYさんは、「俺の手もすっかり汚れちまったな」と思っておられるのかもしれない。しかし、幾度も激しい葛藤や自己矛盾に直面し、それを乗り越えられてきたからこそ、Yさんは優しい心の持ち主で、今日もまた困った人たちがYさんの周りにやってくるのだと思う。
今回の公演は、汚れた手をモチーフに物語を紡いでみようと思います。ご期待ください。
24_mosaic_p01
24_mosaic_p02 24_mosaic_p03
24_mosaic_p04 24_mosaic_p05
icon_galleries
LINEで送る
Pocket