2004/09/30 もてなす。

曇り。
テストがあった。81点満点で69.5点。gutと言ってもらった。とりあえず一安心。というか、点数が良くても“喋られない”から、あんまし嬉しいとも思わない。ただ点数が悪かったら、喋られない上にさらに落ち込むから、まだ点数が良かっただけマシ、という感じ。
しかし、オカシイなと思うのは、テストを受けながら他の連中は、辞書を引いたりしとることである。辞書使ってもエエ試験やったんかなと思うぐらい、堂々と調べてはった。センセも辞書を使ってエエのか、アカンのかぐらいはっきり言えよ、と思いつつ、ボクは辞書を使わなかった。
辞書を見るとか見ないとか…、テストとなると過敏に反応してしまうのは、ボクの受験に対する後遺症かな、とも思う。ま、それぞれのお国柄でテストの受け方も違うということである。

高木美香さんとPotsdamer Platz(ポツダム広場)で待ち合わせ。Kreuzbergに『ベルリンの壁』を見に行った後、『Haus am Checkpoint Charlie(チェックポイントチャーリーハウス)』へ。Haus am Checkpoint Charlieというのは、壁博物館とも呼ばれていて、壁があった頃のベルリンの様子や、壁を越えて西ベルリン(西ドイツ)へ逃げようとした人たちの逸話や逃亡用具などが展示されている博物館である。
ま、確かに“分かりやすく”悲惨であった。
これについてはボクの勉強不足なので、も少し先に書くことにする。

夕食にタイ料理を食べる。高木さんは注文成功。ボクは注文失敗。何度も言うが、食事を失敗すると、その日一日がホントに“虚しぃ~く、虚しぃ~く”感じる。高木さんの注文した料理を横から食べさせてもらって、帰宅。
初めての訪問客というのもあるかも知れないが、うまくベルリンを案内出来なくて申し訳ないなぁと思う。人のモテナシ方も勉強せなアカンと痛感した一日だった。高木さん、ごめんなさいね。

もてなせない。ちなみにボクは、ドイツギャルにモテてもない。
中途半端なダジャレを言うて、9月が終わってもうた。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください