2004/09/29 堪能する。

雨時々曇り。
訪独後、本日初めての来客。Tegel Flughafen(テーゲル空港)に迎えに行く。到着した日以来の場所へ着いた。
お客様は日本で通っていたドイツ語学校の友達、高木美香さん。朝から日本語を堪能する。
彼女はドイツのお隣の国・オーストリアのウィーンに三ヶ月留学中で、スケジュールが空いたので急遽、こっちに遊びに来てくれたのである。日曜日の早朝には再びウィーンに戻る予定なので、これからの何日間か二人でベルリンを観光しようと思う。ボクも今までどこも一人で観光してなかったしね。
一旦、ボクの部屋に戻って荷物を置いて、彼女には少し一人で散策してもらう。
『折角の来客やし、学校を休もうか』と思っていたけど、高木さんも同じ留学生の身。「休んだら来週がしんどいから、行き!」というコトバに甘えて、ボクは学校へ。
ボクのガッコ終わりで二人、Alte Nationalgalerie Berlin(旧国立ギャラリー)に行く。特別展『Wolkenbilder(雲の絵)』見学。雲を描くことによってその作家の感じている空気を描く。空気は見えないモノだけど、絵の中には確か存在していた。なかなかの見応えであった。
その後、HELLIオカン宅に布団を借りに行く。ついでに食事もごちそうになる。HELLIオカンの恋人・Wolfgang氏と四人で食事。ハンバーグ、旨い! 普段ボクがロクなものを食べていないのがよく分かった。
夜はそれぞれ別の部屋で寝る(当たり前やけど)。
「明日、テストする」ってガッコのセンセが言いはった。朝早よ起きて、お勉強せなアカン。うーん、辛いなぁ、来客中やのに。ツイてないなぁ、俺。
だけど、思う存分、日本語が喋れて幸せな一日でした。美香さん、ありがと。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください