PROFILE

清流劇場(せいりゅうげきじょう/英名:Seiryu Theater)

1996年1月設立。
清流劇場は「清濁を併せ呑んで、尚、清流たらんとする」目標を掲げています。
その意味は、舞台表現に携わる者として、私たちは「人生の光と闇」をしっかりと見つめ、「それでもやはり、人間は素晴らしい。人生は素晴らしい」と、信じられる舞台創作を目指すことにあります。
劇団設立当初より、その舞台には社会的弱者と呼ばれる人々がしばしば登場し、独自のユーモアや庶民的な知恵を発揮しながら、困難な現代を生き抜いていく姿を描き、人間讃歌の舞台創作を試みてきました。
また、田中孝弥の文化庁新進芸術家在外派遣研修員としてのドイツ・ベルリン留学(2004年9月~2005年8月)の経験をきっかけに、海外戯曲の翻訳上演や外国人との共同創作に取り組むなど、国際的な視野を備えた演劇創作活動へとその輪を広げてきました。近年は国際演劇祭への招聘参加も実施しています。
清流劇場は現代性に富んだテーマを戯画化し、社会をより簡潔に、より深く見つめ直す舞台作品の上演を通じ、観客と共に社会を見つめる目を養い、新しい価値観を見出す創作活動を実施しています。
※清流劇場は現在(2014年7月現在)までに31回の本公演を実施しています。

詳細はHISTORYをご覧下さい。