国際演劇交流セミナー2015「メキシコ特集」

w4_2015Mexico w4_2015Mexico_b
日本演出者協会・関西ブロック 国際演劇交流セミナー「メキシコ特集」
大阪ブロックでは、田中孝弥が担当いたします。

タイトル 国際演劇交流セミナー2015「メキシコ特集」
日時
2016年1月15日(金) 19:00~22:00 ワークショップ
1月16日(土) 15:00~18:00 レクチャー
ゲストスピーカー:高橋宏幸(演劇批評)
1月17日(日) 15:00~18:00 レクチャー
場所 座・九条
料金 各日 1,000円
申込方法 以下項目を添えて日本演出者協会までご連絡ください。

  1. お名前・所属
  2. 連絡先(電話番号・メールアドレス・住所)
  3. 年齢
  4. 簡単な略歴と応募動機

ご注意:ワークショップに関しては、動きやすい服装をご準備ください。

申込先 一般社団法人日本演出者協会「国際演劇交流セミナー2015 メキシコ特集係」(担当:川口)
メールアドレス:over.hny@gmail.com(川口)
※連絡先の詳細はチラシをご覧ください。
日本演出者協会では、年明けにメキシコからダビッド・オルギン氏をお招きし、メキシコ特集を実施致します。
メキシコ演劇といえば、日本演劇史との関わりで言えば佐野碩(さの せき)さんの名前が浮かんできますが、いま行われている現代メキシコ演劇に触れる機会はほぼありません。
メキシコは複雑な歴史を持っており、大きく分けるだけでもテオティワカンなどの古代文明期、スペイン征服下、独立以降と三つの位相があります。
メキシコの公用語はスペイン語であって、メキシコ演劇において、「言葉」「言語」とは、そのような複雑な歴史と切り離せません。
たとえば、彼らはスペイン演劇の古典とどのように向き合っているのでしょうか。また、地理的に言えば、メキシコはアメリカと非常に近いですが、アメリカ大陸における地域同士のインターナショナリズムとはどのようなものなのでしょうか。
メキシコ特集のレクチャーとワークショップを通じて、言語、地域、あるいはグローバリズムの問題を考える機会にしたいと考えています。
皆様のご参加をお待ちしております。

事業担当:川口典成
大阪会場担当:田中孝弥(関西ブロック)

チラシ PDF DOWNLOAD
LINEで送る
Pocket