「モノ」を読む & フィリップ・レーレによる演劇ワークショップ

ドイツ語演劇リーディング・シリーズ「VISIONEN」関連企画 visionen_logo gi_logo

w3_mono-ws w3_mono-ws_in

大阪ドイツ文化センター主催のワークショップに、進行役として田中孝弥が参加します。
ドイツ演劇・文学に興味のある方は是非ご参加ください。

タイトル 「モノ」を読む & フィリップ・レーレによる演劇ワークショップ
ドイツ語演劇リーディング・シリーズ「VISIONEN」 関連企画
開催日程
  1. 『モノ』を読む
    • 第1回 2015年5月18日(月)19:00~21:00
      講師:福岡麻子(神戸大学准教授)

    • 第2回 2015年5月25日(月)19:00~21:00
      講師:市川明(大阪大学名誉教授)

    • 第3回 2015年6月1日(月)19:00~21:00
      講師:寺尾格(専修大学教授、同作品の翻訳者)

    • 第4回 2015年6月8日(月)19:00~21:00
      講師:フィリップ・レーレ(同作品作者)

  2. フィリップ・レーレによる一日演劇ワークショップ
    • 第5回 2015年6月10日(水)18:00~21:30
      進行:フィリップ・レーレ、田中孝弥

  3. リーディング公演「モノ」 夕暮れ社 弱男ユニット
    • 2015年6月13日(土)19:00 ★
    • 2015年6月14日(日)14:00
    • ★ 公演後に、フィリップ・レーレと寺尾格によるアフタートークあり

場所 AI・HALL
参加申し込み
  • 定員20名(各回)
  • 参加費:無料(リーディング公演は別料金)
  • 対象:ドイツ演劇・文学に興味のある方。
  • 応募資格:年齢・性別・国籍不問。ただし、日本語が話せる方。
    ※特に制限はありませんが、応募者多数の場合は全日程(5日間)に参加出来る方を優先します。
    ご応募頂いた方には参加の可否を、お知らせ致します。
  • 応募要項:下記の内容を添えてメールにてお申し込みください。
    ①氏名 ②職業 ③年齢 ④連絡先(住所・電話番号・メールアドレス)
    ④簡単な略歴と応募動機
  • 応募締め切り日:2015年5月14日(木)必着
  • 参加者への課題:
    《『モノ』を読む》は毎回異なる専門性を持つ講師を囲んで、作品について参加者各人の感想や解釈を話し合う会です。講師の話を一方的に聴く会ではありません。参加者には使用テキスト「モノ」をお送りしますので、事前に読了し、自分なりの解釈を考えてきてください。
申込
お問い合わせ
清流劇場
チラシ PDF DOWNLOAD
LINEで送る
Pocket